2006年12月08日

海釣り公園へいこう!  

日本各地で楽しめる海釣りですが、海の場所によって河口、防波堤(波止場)、砂浜、磯、沖合いと分かれます。

場所によっても当然釣れる魚も異なってきます。

河口の海釣りでは、スズキやサヨリ。  

各県によって釣り公園なるものが存在します。

千葉には養老川河口に「市原市釣り公園」

茨城県ひたちなか市の「ふれあい釣り公園」

「和歌山北港魚釣り公園」です。

 防波堤の海釣りなどでは、、サビキ釣りがよくおこなわれ、アジ、サバ、イワシなどが主な釣果です。

釣りは、ファミリーで行う方もたくさんいらっしゃいます。

そんな家族で楽しめる船に乗っていく沖の防波堤もあります。  

砂浜の釣りでは、投げ釣りがよくおこなわれます。キスやカレイが主な釣果です。

磯釣りでは、イシダイや、メジナ、クロダイ(チヌ)がよく釣れ、磯場は、船に乗ってわたるところがほとんどなのです。

そのため、出かける際には足場が悪くならないよう、天候のチェックも必要です。

長崎県には、飛島磯釣り公園というのもあります。  

沖合いの海釣りは、遊漁船や、舟(カセ)釣りや、いかだ釣り。

釣れるのは、カジキ、マダイ、チダイ、クロダイ、サバ、アジ、スズキ、カレイ、アイナメ、ハマチ、メバルとたくさんの種類があります。

お気に入りのスポットを見つけて定期的に通うのもよし、新たなスポットを楽しみに毎回違う場所に通うのも楽しいですよね。
posted by goldfish at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29181478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。