2007年03月30日

ダンスのいろいろ

ダンスの種類は星の数ほど、それぞれの文化や気候に合わせた物が世界各国で発展しています。

日本をはじめとするアジア地域では、演劇と不可分な形で発展しているのもが特徴的といえるでしょうか?

日本の能や歌舞伎、中国の京劇などが代表的ですね。

中米・南米地域は、ラテン系といわれ、サルサ、ルンバ、チャチャチャ、北米地域ではタップダンスなど。

ヨーロッパやロシアでは、コザックダンス、フォークダンス、ワルツ、バレエなどがあります。ハワイではフラダンスもありますね。

この健康ブームからか、ダンスを始める人とっても多く、趣味や健康のために各世代自分たちのニーズにあったダンスを楽しンでいます。

ライフカードの申込み
posted by goldfish at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ダンスとは

Shall We Dance?でもおなじみになったダンスですが、日本では様々なダンスを体験できる用になりました。

ダンスと言うと、主に音楽と共に身体を動かして動かすことを言います。
自身とその周りとのかかわり、一体感など自分と他のものを反映させながら楽しむのが踊りです。

そこで、単に身体を動かすだけにとどまらず、身体を使っての表現方法として感情や意志を主観的に、時には客観的にあらわしてゆくのが目的です。

ダンスの種類や意味合いにもいろいろあり、地域で季節の変わり目や収穫の祝いを目的としたダンス、社交性を高める場としてのダンス、冠婚葬祭のための舞などあるわけです。


ダンスは、世界各地で古来から、それぞれの文化・伝統とともに継承されており、日本においても舞や舞踏という形で歴史と共に形を変えながら発展してきました。

明治維新以降の欧化主義によって、大きな転機が訪れたといっても過言ではありません。


ダンスパーティが初めて開かれた鹿鳴館の登場で、ダンスの歴史にも一気に西洋化の波が押し寄せました。


ダンスのレッスンを行なっているスクールも多様になり、現在では世界各地のダンスを習おうと思えば、それが何であっても必ず探し出せます。


ダンスの良さは全身運動ができること。そして、全身を使うために全神経を使って集中するため心身共に充実することができます。

踊り終えた後はすっきり爽快です。

年会費無料クレジットカード
posted by goldfish at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ゴルフ場コースでのマナー

ゴルフ場でのマナーは、一言で表現すると気配りです。その気配りの度合いが顕著に現れるのが、ティーショットの後ではないでしょうか?

ゴルフ場は芝生でありますので、ディボットが出るのはまぬがれませんが、プレーヤーとしてしっかり後始末をしする習慣を身に付けましょう。

こういった後始末もプレーの一つと考えたらよいのでしょうね。自分の後にプレーする人が気持ちよくプレーできるように気を配りましょう。芝生を守るといった面でも大切ですね。

ゴルフ場でのディボット跡には、できれば目土砂を入れるのが望ましいです。


目土砂はホールごとやティインググラウンドの近くにあるので、またキャディカートの目土袋の砂を借りて自分でこまめに目土しましょう。

芝生は生きていますから、プレーヤーとしては芝生を大切にすることも義務の一つです。可能であれば、目土袋を自分で持ってコースに出るとよりいいです。ゴルフ場を使ったらきれいにして次の人に明け渡したいものです。

これはバンカーのあとにもいえることです。
バンカーに入ったら戻るときは入ったところから戻るのを癖にしましょう。
そして足跡はきれいにならして残さないようにすることも大切です。


こういったことを心がけるとゴルフ場のマナーも守れ、気持ちのよいプレーが期待できます。紳士的にスマートにゴルフを楽しみたいですよね。


画像安定装置
posted by goldfish at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ゴルフのマナーその2

ゴルフをプレーする中で大切なことは一体なんでしょうか?
それは、正直なプレーヤーであることです。

ゴルフは、ルールを守ることが大前提ですので、そのままのライでボールを打つのが基本中の基本です。

打ちにくいという理由から打数をごまかすのはもってのほか、又ボールの位置を示すマーカーをずらすのも止めましょう。

障害物を取り除いたりするのもマナー違反です。

もちろん自分の意に反したプレーに対して怒り出したりしては、他のプレーヤーにとっては迷惑そのものです。
又、プレーはスムーズに行いましょう。後ろの人が使えてしまわないように気をつけましょう。

ゴルフの競技には、審判がいません。他のスポーツなどに比べると稀ですね。紳士的な心使いと態度が必要になります。
プレーヤー自身がフェアプレーをすることを認められそれを楽しむ競技です。自分に正直であることが、結果的には良いプレーにつながります。

そういった面持ちも楽しむ余裕をもってゴルフプレーをしましょう。

VIASOカード
posted by goldfish at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

ゴルフ競技のマナー

ゴルフを始める上で、して解きたいマナーがいくつかあると思います。

ゴルフは先ず、クラブを使用する競技ですから、第一に考えるべきは、安全確認といえます。

ゴルフのクラブは、金属でできていて、人に当たるち危険性が高く大怪我をする可能性もあります。
周りに人いないか否かの確認は必ず習慣づけるようにしましょう。

ゴルフ場でプレーをするのは自分ひとりではないので、周囲の環境に気を払い楽しくプレーしましょうね。

画像安定装置
posted by goldfish at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

ゴルフの練習法

ゴルフの練習は、どんな形式をとっていますか?

大体、皆さんは、3つぐらいに分かれると思いますが、先ずは独学・上手な友人に教わる、又は、プロに指導を受けるなどです。

ここで、注目したいのがプロからの指導です。初心者だからプロに教わる必要が無いとしり込みしがちですが、そうともいえません。

ゴルフのうちっぱなしで、かなりの玉数を打ち続けて練習するには、基礎となる正しいスウィングを身に着けることが必要不可欠です。

ゴルフを長い間、我流で練習し、続けた人は自分が楽なうち方で打つ習慣が付いていて、それが必ずしもその人にとって、又ゴルフの正しいスウィングとして見た場合に良いとは言いがたい時があります。

そういった状態にまでなり練習している人は、今度は更に上達したいと考えても伸び悩む傾向にあります。

しかし、まだ真っ白の状態の素人では、プロに指導を受けることで大きく力を伸ばすことが可能だといわれています。

ゴルフを続けてきて、グリップの握り方、たち姿勢などに迷いが出た場合、プロに教わっているのであれば、その目指す感覚や知識をもう一度思い出すことができますが、我流で続けてきてしまっていては、何が正しいのか間違っているのかもわからないまま、練習を続けることになりかねません。

長く楽しくゴルフを継続したいようであれば、ゴルフ経験が少ないうちから是非プロからのレッスンを数回だけでも受けてみましょう。

その後、一人で練習できるよう指導を受けておくことは、良い指導において大変大切であり、その後の糧にもなります。
posted by goldfish at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ゴルフの練習法

ゴルフの支度も揃え、ルールも基本的なものはOK,クラブも購入したら、いよいよ練習に気合が入るのではないでしょうか?

ゴルフの練習といえば、基本的には打ちっぱなしが練習場になるでしょう。

打ちっぱなしでは、場所代。ボール代などを支払い、ネットが張られた練習場の中でクラブを変えながら、目標の距離や角度を変えつつ練習してゆきます。


料金の体系は、場所代とボール50個ぐらいで、時間単位でいくらとか、会員であるといくらであるとか設定があります。

又、週末やお昼の時間帯、夕方の仕事が終わった頃の時間帯などによっても価格設定がことなてきます。

ゴルフのスウィングは、雑誌、テレビ、ビデオやDVDなどで多々出ていますが、やはりプロの指導員に教わるのに勝るものはありません。

やはり、しっかりと長く怪我をせずにプレーを続けたければ、プロに何度かレッスンをお願いするのが良いかと思います。

独学でゴルフを学んでいる人もいますが、時間をセーブしたいなら、プロのレッスンをお勧めします。

普段はあまり思うようにボールが飛ばないのにもかかわらず、ふとした瞬間にボールが飛ぶなど言う場合には、自身が正しいと思っている姿勢が間違っている可能性を疑ったほうがいいかと思います。

無駄な癖をつけてしまう前に、ただしい姿勢をプロのゴルフャーに学ぶことも検討してみましょう。
posted by goldfish at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

ゴルフ用語の基礎(スコアとルール)

ゴルフ用語基礎編です。

コースやホールの大きさや規定打数が骨組みになって、ゴルフ用語が決まってきます。


ゴルフホールは大きさによって、規定の打数がきまっています。その規定打数をパーとよびます。

いかにパーよりも少ない打数でカップに入れられるかを競うのがゴルフの競技です。

ゴルフボールを打ってカップに入るまでに打数が、パーより少なくそのホールを終了した場合には、良いスコアとなります。

1打少ないとバーディーとなり、2打少ないとイーグルと呼びます。

パート同じ打数の場合には、パーと呼ぶわけです。

そして、まれにでも一回でカップに入った場合には、夢のホールインワンとなるわけです。

パーより多く打った場合

1打多いと:ボギー
2打多いと:ダブルボギー
3打多いと:トリプルボギー  となります。


となると、イーグルでホールを回るにはなかなかでないため、ゴルファーの憧れです。

ホールインワンは、出れば嬉しいものですが、起こった場合に記念品や記念パーティーが必要になり、費用がかなりかかります。

そのため、万が一のためにそのための保険も用意されています。

頻繁にゴルフをする方は、考慮してもよい保険かもしれませんね。
posted by goldfish at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

ゴルフ用語の基礎

今日は、ゴルフ用語について。

ゴルフの用語には、コース、ホールの名前、ルールに関するもの。ドライバーの名称やスコアの名称など様々です。

コースやホールに関してのゴルフ用語には、ショート、ミドル、ロングのホールと、パーが基本になります。

先ずは、この4つを覚えること、そしてすこしずつ追加して覚えていきましょう。

ゴルフの競技は18ホールです。
各ホールでカップに入れるまでの規定打数は、既に設定されていて、その規定打数をパーとよびます。

 パー3(3打でカップに入れる)ホールはショート、パー4はミドル、パー5はロングと言われます。


 ゴルフは18ホール回るには、一日がかりエスが、前半の9ホールをアウト、後半をインとも呼びます。


 ゴルフ用語の基礎をマスターしたら、スコアに関係する用語もぜひ覚えてみましょう。

 テレビの中継やゴルフのニュースの話題で、上司や父親との会話もこれで、盛り上げることができるかもしれません。
posted by goldfish at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

ゴルフのルール(打順)

ゴルフ初心者ルール3です。


ゴルフは、ホールを18個、一日で回ります。結構体力勝負ですよパンチ

これだけのホールを一日で回りますから、週末など混雑が予想され、何組ものプレーヤーが順番にホールを使用することになります。

マナーとして、時間厳守でプレーを始めたいものです。
 
ゴルフでプレーする順番は、最初のホールで基本的には話し合いで順番を決めます。

その始めに打つ人をオーナーと呼びます。

ゴルフでの第一打は、ティーショットと呼ばれて、非常に集中力が必要になります。私語をしたり、不必要な動きはこのときは、プレーヤーの邪魔になりますから控えましょう。


1ホールが終了後の順番は、前のホールで打数が少なかった順に打つことになります。
もし、同じ打数の人がいる場合、基本的に前のホールの打順で打つのが一般的でしょう。

ゴルフでは午前中に8ホール回ったところで、大体昼ごろになるので、そこでランチ休憩です。

ランチ後の順序は、前のホールスコア順、もしくは話し合いで決定してもOKですので、一緒に回っているメンバーと相談してみてはどうでしょうか?


ここで、初心者にありがちな状況を一つ、説明しておきます。

ティーショットで空振りをしてしまった場合です。

基本的なルールは、空振りも1打として数えられます。が、初心者のケースは、素振りとして多めに見てもらえる特別ルールもあるようです。

そこは、愛嬌。にっこり笑って。素振り、練習してみましたー!!!といってしまいましょうたらーっ(汗)

ゴルフ場の景色やプレーを純粋に楽しみつつも、是非共に気持ちのよい配慮をし合ってゴルフをプレーしてください。
posted by goldfish at 11:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。